次のページ
好みの違い


■一口に麺類といっても

蕎麦、うどんから始まりラーメン、素麺、スパゲッティーetcと色々ある。

そして食する側がそれぞれに拘りだすと好みが別れる。

当然ながら作るその道の匠となれば

万事に半端なく負けじと研究するだろう。

そこには伝統も有れば、斬新な発想で新たなものが生まれたりする。

絵画(芸術)の表現も結局は同じで

理屈を幾ら並べても平たく云えば

送り手も受け手も好みと時代が違うだけで

上位や序列などあまり意味がない。

カップラーメンが一番好きだという人が居ても良い。

奥深いその道の味を極めようするのも自由なら

何を食べたいかを決めるのも客の自由である。

時代をさかのぼれば『そんな表現は邪道だ!』と批判されたことが

後の世の主流となることも珍しくない。

花と華 (2)

おかしな譬えになってしまったが

私もかれこれ40年前(たまたま)透明水彩画を我流で描き始めたが

いまだに難しくて苦労はするものの面白い。

もし違う仕事に手を付けていたとしたら

やっぱり同じことを言っているだろうと思う。

何を食べようかと迷っている人に

自分の造る手打ちうどんは世界一だと自慢するのは自由である。

しかし既に他店のうどんを食べている人に向かって

本物のうどんとはそんなものではないと言うのはいささか僭越。

目から鱗で『そうなんだ!』ともし何かひとつでも納得があって

別の麺類を食してみるのもそれはそれで客の自由な判断ある。

我々描き手(作家)は己が持ち前の作品を

精一杯に描き提供するのが本分でそれ以上でも以下でもない。

それでよいのではないだろうか。





【2018/10/06 10:37】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
青春の尻尾

 
神田川/南こうせつ&かぐや姫


70~80年代、昭和の時代が全盛期の頃

それまでの激動していた社会も少し落ち着きを取り戻し

若者達の間では静かに聞かせるフオークが流行りました。

私も安アパートの一室で譜面も読めないくせに

指にマメをこしらえながら弾いていたのが懐かしい。





若者達の鋭い社会批判の目が

人と人や自分自身の内面に向ける様になった現れでしょうか。

携帯もスマホもなにも無かった時代だったからでしょうか。

毎日アルバイトに明け暮れしていた私自身の中にも

本気で絵描きになろうとする意識が徐々に膨らんで

この歌の歌詞の様に漠然とながら

夢だけを当てもなく追い求める始まりだったような気がします。

懐かしいと云うよりも

こんな時代にどこか共感の出来る人は

きっと今も心の隅に『青春の尻尾』持ち続けている人かも。

それにしてもいい曲です。



【Read More】
【2018/08/29 10:00】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
柳の下のドジョウ


■柳の下にドジョウが二匹

一度成功すると、味をしめてまた同じように

獲物を獲りたいと誰でも思うものだ。

しかし安全策を取るよりもそこは駄目元でも

新たな『どじょう』を探しに出掛けたい。
葡萄2 (2)
欲は人一倍有っても勇気がないために

つい安易な手段を選んでしまう。

殻は作るよりも破る方が難しいということか。

『新たな創造は既存を壊すことから始まる』という

言葉を残した有名な画家のことを思い出す。

闘いも守りの姿勢では、やがては敗北する。

果敢に攻めてこそ勝機が見つかると云う。

何事も方程式はみな同じなのでである。





【2018/08/10 09:56】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
溺れる


■古くからの言葉に
何かに夢中になり過ぎると自滅するという譬えで
酒に溺れる、博打に溺れる、果ては女に溺れる等
この溺れるという意味は
人間は冷静さを失うほど物事に没頭してしまうと
みさかえが無くなって、ことに依れば身を亡ぼすという意味だ。
更に細かく考えると
物事に熱中すればよといわけではなく
やればやるだけ力が付くこともあるが
麗羅否な判断が出来なくなる危険な状態にもなる。
自分でも分らなくなって暴走してしまう前に
自分でセーブする必要があると思う。
まさに水に溺れるの如くで、何事も溺れてしまうと命取りになる。

なんでこんな属っぽいことをと云うのか
実は絵を描く者にも同じことが当てはまると思うからだ。
仕事に自信を持つことは大事でもその意識の中には常に
夢中になり過ぎて我を忘れない
ことも大事なような気がする。
立て板に水を流すではないが
余りに慣れ過ぎると、客観視出来ないで自分に酔ってしまうと
それは作家にとっては致命的かもしれない。
もちろん絵を描いていて溺れて死ぬことはないし
誰にも迷惑をかけることもない。
だがそんな状態になっていても周囲の誰も忠告はしてくれない。
逆にそれを褒め称えられたりするとお終いである。
機嫌よく泳いでいる者に
『アンタは溺れかけてている』などとは言い難い。
言われた方もカチンとくるだろう。
残念ながらそんな人間関係は、よほどでなければ築けない。
となれば頼れるのは自分の意志だけ。
ところが他人のことは判っても、いざ自分のこととなると判らないもの。
これでいいのか、いや何かがおかしい等々と
もし内なる声が聞こえたとしても、打ち消したい思いも働いたりもする。
自惚れを厳しく排して、自問自答しなければならないのに
溺れてしまうとそれが出来なくなるのだ。
自信がなければ良い仕事は出来ない。
しかし、それが講じて己惚れが先行すると危ない。
こんな当たり前のことが、ようやく私にも最近少し解りかけてきた。
11698447_423775711139392_3937519543995437575_n.jpg

それはそれとして
好きな事でもし溺れるのならそれも本望だという声も・・・
確かに何時も覚めた目でいるよりは
馬鹿を承知でとことん行くのもある意味で正解だったりもする。
我を忘れるほど夢中になれること自体が幸せで
それが元で自滅したとしても、それはそれで本望かもしれない。
だから一概にはどうこう言えないことで
結局最後は本人次第ということだが。

私は自由に生きたいと思う絵描きではあるがが
かといって自分さえ満足すればよいというわけには行かないし
無茶なことも出来ない。
絵を描くことはその最たるもので、制約やら禁じ手やらも多く
その都度冷静にコントロール(判断)をしながらの業である。
しかし、こんな私も我を忘れるほど
自由に描きたいと思うこともあるが
結局は『自由ほど最も不自由なものもない』と落ち着く。




【2018/07/04 23:59】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
完成度


■観る側の好みは別として

何をどう描いても完成度(出来栄え)は

一定の同じレベルでなければプロとは言えない。

またその日の気分や描く対象にも拘らず

出来、不出来の差があってはならない。

偶然やjまぐれ等の一切の言い訳は通用しない。

花菖蒲淡彩


それはどんな分野も同じで

更には年々の維持、継続がなければならない。

それがプロの世界ではないかと思う。

もちろん作家として納得いかない作品はその都度あるものの

その不本意を糧に更なる高みへと繋げるられるか。

それを含めて客観的に一定の完成度は保たねばならない。

絵描きと名乗るのは簡単でも

それを職業として厳しい姿勢で実践することは容易ではない。







【2018/06/12 19:50】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(1) |
絵描きの独り言


■私は元々が作品作りは孤独な格闘技だと思っていて

独り黙々と悩みながらの作業であって

その姿(過程)をみせてどうこうするなんて事は考えない。

ハングリー精神とか、内なる情熱の発露などと云う言葉が

今や死語になり、青春や退廃も、夢も希望という言葉も

遠い空事の様に聞こえてしまう時代になってしまった。

学校の裏庭にあった焼却炉から、燃やす前の短くなった鉛筆

それを拾ってきてわら半紙に絵を描いていた様な少年は

どうしても今の変化について行けないことが多い。

ジュンブライド

特殊な能力(才能)は認めるものの

芸術は見世物やパフォーマンスとはチョット違う。

驚きの技術を見せて注目させる手法を最近よく見掛ける。

確立された演劇の発祥は大道芸から始まったとするなら

アートもさほど変わらないかもしれないが・・・

世の中が進化して便利になるとその表現方法も

昔では考えられない事が出来てしまうのも時代の流れか。

確かに薄暗いアトリエの一室で、ランプの灯りを頼りに

食うや食わずの貧乏絵描きが絵を描く様な時代ではなくなった。

逆にそんな土壌からは全く新しい発想のアートが出現するのも

不思議なことではないが。。。

目立った一発芸は一時はもてはやされてもすぐに消える。

それが今の世相でも、長い歴史の延長なら

それもまた仕方のないことかもしれないのだが。

失われた自然と同様に、人間本来の性質(精神)も

一度失われると元へは戻せない。

天然のエネルギーより効率の良いと言われ

原子力へと転換された結果、どれほど多くのものが失われたことか。

科学や文化の本来目指すべきは人々の幸福であり、

その理想を忘れたところから、狂いが生じて

やがて徐々に崩壊が始まる。。。

私は名も無い一介の絵描きで、なんの力も無い人間である。

しかしそれでも疑問は疑問として問える自分でありたいと思う。

周囲がどうであれ、自分は自分で不器用でも時代遅れでも構わない。

マイナーを売り物にもしたくないし、他を押し退けてまで前に進みたくも無い。

愚直に自分らしくありたいと思っても

今の時代ではこれも一種の独善的だと言われかねない?





【2018/05/29 08:54】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
人に隠れた深い思い


■古い話で恐縮だが・・・

以前何気なく昔の映像をネットで観ていると

古賀政男のエピソードに出会った。

あのレコード大賞に輝い『柔』の受賞の秘話だった。

この曲を歌ったのは歌手の美空ひばりだが

彼女は古賀門下のひとりで、数あるヒット曲の中でも

特にこの曲が大賞を取ったことで

『初めて先生にご恩返しが出来ました』と語っていた。

そしてその場に居た古賀自身は苦しかった昔を振り返りながら

『亡き母に少しは私も親孝行ができたかなと思います』と

涙ながらに声をつまらせていた。

既に古賀自身も70歳になっていたが

師を思い、親を想う気持ちに勝る情はない。

結果が総てとは言わないが

恩も感謝もそれまでやってきた結果次第で

初めて湧く思いがあるようだ。

歌謡界に共に身を置いて

照日曇る日を繰り返しながら歩んだ

古賀と美空の二人にしか解らない

深い思いがあったのだろうと私は画面を観ながら思った。

襟裳岬スケッチ

今あることが喜べず

報恩感謝のない人生はどこか寂しい。

何故ならそれ自体が、今の自分の姿そのもだら。

勝者でなければ語れない言葉がある。

どの世界、どんな分野であても

それはどうやら紛れもない事実のようだ。

【画/北海道襟裳岬】


【2018/05/09 23:55】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
自分と作品は・・・



■私はかれこれネット初めて30年近くなる。
その間世界中の沢山の作品を観てきて思うことは
こんな素晴らしい作品を描く作家は
一体どんな人物なのだろうかと興味が沸く。
モニター越しながらもその魅力が伝われば伝わるほど
描き手はそれ以上に魅力ある人ではないかと思ってしまう。
たかが一枚の絵である。
しかし、他者に分身(作品)を観てもらうということは
そういうことではないだろうか。
木蓮はがき
語弊を承知で敢えて言えば、
作者に興味が湧かないことは、残念ながらその作品にも
それほどの惹きつけられるものを感じないということになる。
これはあくまでも個人的な主観で拙い経験ながらも
私なりに過去から得たひとつの結論である。
思い上がって言うのではなく
自分もそんな周知の目にさらされている身ならな
気を緩めるなと戒めている。

見栄や格好だけで作品が描けるわけがないし
作品と作者は常に不可分であるなら
描いてしまえばそれで善しではなく
出来るなら描いた絵に恥ずかしくない自分でありたい。





【2018/05/05 20:25】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
相性


■人間関係から始まって、食べ物に至るまで

物事のすべからく相性というものがある。

さしたる理由は定かでは無くても

しっくり違和感がないと無理しなくて済む。

反対もまた然りで、これはもうどうにもならない。

好き嫌いを言うのは勝手な我儘なのかもしれないが

これを無くすと自分も無くなるような気がする。

結局自分探しとは、生涯を共にする伴侶のように

相性の良し悪しを選択するようなものだ。

絵を描くことも自分と相性の悪いものは描きたくない。

絵の具の色も相性が悪いと汚く濁る。

好みもあって一概には言えないが

汚い色はヘドロみたいで美しくない。

美しく見えるのは相性が良いからだと思う。

それは本能的で理屈ではなく、直感するものかもしれない。


木蓮ハガキ3 (2)

人は相性が悪いからと言って

避けて通れるばかりとは限らず

時には我慢をして目を瞑らねばならないこともある。

しかし所詮ストレスが溜まるだけで長くは続かない。

そしてまたひとつ己を知ることになる。

好きな好物は幾ら食べても飽きないと言うが

絵を描くのもそんなものだと私は思う。

時間も手間も無駄さえも平気なのだ。

つまり、物事の相性を明確に知ることなく突き進んでも

迷いの繰り返すだげで、出口も見つけられない。

もし相性が悪いと気付いたときは

潔くきっぱりと捨てることが大事ではないだろうか。

それでまたひとつ自分というものが見えるのだ。





【2018/04/10 22:35】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
紫木蓮



■インドの釈迦の弟子の中に木蓮という弟子が居た。
この弟子は賢くて知恵第一の木蓮尊者とも呼ばれて
釈迦十大弟子の中にも数えられる程だった。
ところが、あまりに賢過ぎる為、つい修行を怠ることが多く
最後は師の釈迦から成仏を認めて貰えなかった。
卓上の学問に幾ら長けていても
実践(行動)が伴わなければ真実の悟りを得ることにはらないという
仏教の教えのひとつようだ。
物事は確かに知らないよりは知ってた方がい。
知識も同様だが大事なことは
知恵を実体験に変える租借がなければ役には立たない。
耳学問の受け売りの知識には深さがない。
『流石に凄い』などと周りから言われたりすると
尚更その傾向が強くなり
結局は何も判らないままで終わってしまう。

木蓮ハガキ3 (2)

また同じく釈迦の弟子に周利槃特(しゆりはんどく)という者も居た。
兄の勧めで仏門に入ったものの
自分の名前すら読み書き出来ない程の愚かだった。
それでも師の教えに素直に従い修行に励んだ結果
悟りを開き釈迦に菩薩という位を与えられたという。

インドの古い仏典にはお伽噺のような教えが多いが
あながち昔話の中だけではないような気がする。
頭デッカチでいざという時に役に立たない知識よりも
真面目ににコツコツと積み重ねた実践に勝るものはなく
自惚れず、怠らず努力してこそ本物の力になるというのは
昔も今も変わらないひとつの方程式なのかもしれない。

連日このし木蓮の花を描きながら
昔の逸話をふと思い出していた。


【Read More】
【2018/03/26 11:35】 最近の絵 | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム | 次ページ>>