次のページ

【2018/08/30 23:45】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
青春の尻尾

 
神田川/南こうせつ&かぐや姫


70~80年代、昭和の時代が全盛期の頃

それまでの激動していた社会も少し落ち着きを取り戻し

若者達の間では静かに聞かせるフオークが流行りました。

私も安アパートの一室で譜面も読めないくせに

指にマメをこしらえながら弾いていたのが懐かしい。





若者達の鋭い社会批判の目が

人と人や自分自身の内面に向ける様になった現れでしょうか。

携帯もスマホもなにも無かった時代だったからでしょうか。

毎日アルバイトに明け暮れしていた私自身の中にも

本気で絵描きになろうとする意識が徐々に膨らんで

この歌の歌詞の様に漠然とながら

夢だけを当てもなく追い求める始まりだったような気がします。

懐かしいと云うよりも

こんな時代にどこか共感の出来る人は

きっと今も心の隅に『青春の尻尾』持ち続けている人かも。

それにしてもいい曲です。



【Read More】
【2018/08/29 10:00】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
柳の下のドジョウ


■柳の下にドジョウが二匹

一度成功すると、味をしめてまた同じように

獲物を獲りたいと誰でも思うものだ。

しかし安全策を取るよりもそこは駄目元でも

新たな『どじょう』を探しに出掛けたい。
葡萄2 (2)
欲は人一倍有っても勇気がないために

つい安易な手段を選んでしまう。

殻は作るよりも破る方が難しいということか。

『新たな創造は既存を壊すことから始まる』という

言葉を残した有名な画家のことを思い出す。

闘いも守りの姿勢では、やがては敗北する。

果敢に攻めてこそ勝機が見つかると云う。

何事も方程式はみな同じなのでである。





【2018/08/10 09:56】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
溺れる


■古くからの言葉に
何かに夢中になり過ぎると自滅するという譬えで
酒に溺れる、博打に溺れる、果ては女に溺れる等
この溺れるという意味は
人間は冷静さを失うほど物事に没頭してしまうと
みさかえが無くなって、ことに依れば身を亡ぼすという意味だ。
更に細かく考えると
物事に熱中すればよといわけではなく
やればやるだけ力が付くこともあるが
麗羅否な判断が出来なくなる危険な状態にもなる。
自分でも分らなくなって暴走してしまう前に
自分でセーブする必要があると思う。
まさに水に溺れるの如くで、何事も溺れてしまうと命取りになる。

なんでこんな属っぽいことをと云うのか
実は絵を描く者にも同じことが当てはまると思うからだ。
仕事に自信を持つことは大事でもその意識の中には常に
夢中になり過ぎて我を忘れない
ことも大事なような気がする。
立て板に水を流すではないが
余りに慣れ過ぎると、客観視出来ないで自分に酔ってしまうと
それは作家にとっては致命的かもしれない。
もちろん絵を描いていて溺れて死ぬことはないし
誰にも迷惑をかけることもない。
だがそんな状態になっていても周囲の誰も忠告はしてくれない。
逆にそれを褒め称えられたりするとお終いである。
機嫌よく泳いでいる者に
『アンタは溺れかけてている』などとは言い難い。
言われた方もカチンとくるだろう。
残念ながらそんな人間関係は、よほどでなければ築けない。
となれば頼れるのは自分の意志だけ。
ところが他人のことは判っても、いざ自分のこととなると判らないもの。
これでいいのか、いや何かがおかしい等々と
もし内なる声が聞こえたとしても、打ち消したい思いも働いたりもする。
自惚れを厳しく排して、自問自答しなければならないのに
溺れてしまうとそれが出来なくなるのだ。
自信がなければ良い仕事は出来ない。
しかし、それが講じて己惚れが先行すると危ない。
こんな当たり前のことが、ようやく私にも最近少し解りかけてきた。
11698447_423775711139392_3937519543995437575_n.jpg

それはそれとして
好きな事でもし溺れるのならそれも本望だという声も・・・
確かに何時も覚めた目でいるよりは
馬鹿を承知でとことん行くのもある意味で正解だったりもする。
我を忘れるほど夢中になれること自体が幸せで
それが元で自滅したとしても、それはそれで本望かもしれない。
だから一概にはどうこう言えないことで
結局最後は本人次第ということだが。

私は自由に生きたいと思う絵描きではあるがが
かといって自分さえ満足すればよいというわけには行かないし
無茶なことも出来ない。
絵を描くことはその最たるもので、制約やら禁じ手やらも多く
その都度冷静にコントロール(判断)をしながらの業である。
しかし、こんな私も我を忘れるほど
自由に描きたいと思うこともあるが
結局は『自由ほど最も不自由なものもない』と落ち着く。




【2018/07/04 23:59】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
完成度


■観る側の好みは別として

何をどう描いても完成度(出来栄え)は

一定の同じレベルでなければプロとは言えない。

またその日の気分や描く対象にも拘らず

出来、不出来の差があってはならない。

偶然やjまぐれ等の一切の言い訳は通用しない。

花菖蒲淡彩


それはどんな分野も同じで

更には年々の維持、継続がなければならない。

それがプロの世界ではないかと思う。

もちろん作家として納得いかない作品はその都度あるものの

その不本意を糧に更なる高みへと繋げるられるか。

それを含めて客観的に一定の完成度は保たねばならない。

絵描きと名乗るのは簡単でも

それを職業として厳しい姿勢で実践することは容易ではない。







【2018/06/12 19:50】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(1) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム | 次ページ>>