写真の話

思い出を刻む

最近のデジタルカメラの進歩は目まぐるしい。携帯のカメラまで入れると一億総
カメラマンになったように画像が氾濫している。
私の子供の頃は、写真を撮られることも撮ることも機会といえば学校の卒業式か
冠婚葬祭の時くらいで、まして自分専用のカメラで撮るなんて事はまづなかった。
それがデジタル化が急速に進みカメラが普及して、写真を撮る意味も変わってしまった。
撮った画像もおそらくデジタル処理され保存された写真(画像)は、永久に劣化もせず
鮮明な形で残るだろう。しかし果たして経過した歳月まで留める事が出来るか…?
あまりに簡単に数多く撮る為に、そのとき撮った意図すら記憶にも残らず画像だけが
やたら沢山残ることになってしまいかねない。



カメラ2
昔の古いアルバムを開き、色褪せてひび割れをした写真などを見ると、そこから
時間を封じ込められた当時の思い出までが蘇ることがある。たかが一枚の写真でも
宝物のようにも愛しく思えたりするものだが、今の綺麗なまま残る写真では…。
写真だけではない。物事は簡単で便利になればなるほど、それだけ凝縮する思いも
少なくて消えてしまい易いのではないかと思ってしまう。
いちいち身構えて撮る必要もないかもしれないが、ひと昔前の紙焼き写真の方が人間
らしさと暖か味のようなものがあった。それは単なるレトロ好みだからではない。
ある人が黒沢明監督の古い白黒映画を自宅のTVで観たのと、当時映画館で観た時の
感動とは全く違っていたと語っていたが、それとどこか似ている。
多少は格好悪くて不自由でも、そこにこそ真実の思いが定着するとすれば、写真も本来
そうあるべきで、たまった画像をボタンひとつで消去するのと、印画紙を破るのとは当然違いがあるのでは。
嵩張らず費用も掛からず便利なのはよいとしても、
その分大切な思い出までが
簡単に消えてしまったのではなんにもならない。
そんなことに最近
私自身も気付くのである。


【2009/12/19 23:50】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
絵描きのたわごと

里山の道端で描いていると

いきなり後ろから『上手に描きますね』と声を掛けられる。
『あ、はい。下手の横好きです』と答える。
暫くすると今度は『遠い親戚に○○画伯の弟子がいて、今は○○会の絵描だ』と言う。
貧乏絵描きは黙々と筆を動かしながらおもむろに振り返って…
『実は僕もその○○会の会員なんですが』と嘘でも一度そんな風に格好よく言ってみたい。                           まだまだ日本では田舎でなくてもこんな光景がありそうだ(笑)


 塩谷

敢えて時代錯誤とまでは言わないが、芸術は本来は個人の精神の問題で、
団体やら肩書きやらを云々する次元のものではない。
有名であろうとなかろうと、常に問われなければならないのは
自分自身が胸張って恥じない素のまんまの生き様だ
と私は思う。

 


【2009/12/14 11:59】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
紙一重

作為と創造

無心無欲で絵を描くことは難しい。
たゆまぬ創意工夫が無ければ絵は進歩しない。
計算し過ぎると作為的になり、意欲が無ければ創造性が無くなる。
このお互いに相容れない矛盾する要素を見つめる魂が作家には必要で、
常に流されず、留まらずということか。
無心になるとは自分を自在にコントロール出来てこそ可能なのか。
総てを正統化せしめるだけの絶対的な技量を持つことが
プロの証なのかかもしれない。


【2009/12/09 10:12】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
変質

東洲斎写楽の浮世絵が…
パリのオークションで浮世絵としては過去最高の5300万円で落札されたという。
江戸時代の当時では芝居役者を描いたブロマイドのような今でいう印刷物である。
写楽・浮世絵というブランド化した名に西洋人は弱いのか?それとも投棄目当ての
大金持ちが多い為なのかは知らないが、ただの木版多色刷りの版画に途轍もない値が
つくのに驚いた。昔から芸術品や美術品と称する作品が競売されているが果たして
どこにそれだけの価値があるのか…
誰それの最高傑作とか、希少価値というだけで値が勝手につり上がるのを当の作者は
あの世でどんな顔をして眺めているのだろうか。
精神世界の芸術も経済論理には太刀打ち出来ないのかと、                                              私はいつもこの種のニュースに接する度に思う。

イエスは『人はパンのみに生きるにあらず』と説いたが、食べる事を我慢せよとは言っていない。                         せめてそれと同等の高い精神を持たねばならないと説いたのである。
芝居見物が唯一の娯楽であって当時の庶民はその役者絵を買い求めたが、それを何処の
誰が描き、彫り師が刷ったものかなどは関係はなかった。それが浮世絵である。
彼等の賃金は微々たるものでも、職人としての技と精神(誇り)は高くその仕事も
素晴らしいものがあったのは事実でも所詮は食べる為であり、芸術云々ではなかった。
ところが歴史の経過と共に本来の意味が別なものに変質してしまうのは万国共通で、
そのキーワードがイエスの時代から変わらない精神よりも『金』というものなのか?
芸術には国境は無いという。しかし国による価値観や文化の違いは時として微妙に
その本質を狂わせる様な気がするすは私個人の浅識故だろうか。


【2009/12/08 13:03】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
個展の雑感

絵描きが個展を開くということは

冠婚葬祭や同窓会、或いは株主総会を一緒にするみたいなところがある。
                                                                                                                                                                                                                       普段滅多に会わない人も知らせを聞いて駆けつけてくれる。

  私も既に人生の半分以上も生きてきて、自由業と言いながら長い間同じ世界(業界)にいると、

その年数の割には人脈が意外に狭いことにも気付く。

長く勤めて定年後に絵を始めた訳でもなく、各種の団体やグループに属した経験もない私には
                                                                                                                                                                                                                         そうした部分の繋がりも皆無に等しい。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              学者馬鹿とは思わないが、人との交友関係が個展を開いてみて改めて分かるものだ。

人との付き合い方には深い浅いがあり、どこまでを友人・知人と呼ぶかは人様々である。                                 

儀礼、社交のお付き合いから親友、悪友、ライバルに至るまで、自分には親しい知り合いが
                                                                                                                                                                                                                       果たしてどれだけいるかと数えてみると、意外に過去の自分の半生が見えたりもする。
                                                                                                                                                                                                                       一概に人脈が広ければよいというものでもないが、交友関係を客観的に振り返ってみる機会は
                                                                                                                                                                                                                                冠婚葬祭や年賀の季節以外には普段はなかなかないだけに貴重である。                                       
    

何かいざという時には色んな人が日頃の疎遠を埋めるように、また純粋に私の作品のために

遠い会場にまで足を運んでくれる人がいる。

PICT4167.jpg 

私がもしこんな絵描きでなかったらと思うと本当に有りがたい。
                                                                                                                                                                                                                 今更この歳になって八方美人にもなれないが、せめて自分の住む世界を好んで狭くしないように
                                                                              心掛けたいと、個展の芳名録をしみじみと見ながら思うのである。


【2009/12/01 13:39】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |