衝撃の出会い

もう35年も昔のことになるが
私はある人に連れられて一人の水彩画家の個展に出掛けた。
自分でも少しは絵を描いてはいたが、所詮お遊び程度で画家の個展など初めてだった。
その画家は台湾出身で日本に住みながら作家活動をしていた。
日本の四季を流麗でかつ力強く描いた作品を目の当たりにした私は、プロの絵描きさんは
やっぱり凄いと衝撃を受けたのを覚えている。
絵の事について直接指導は受けたことはないが、当時は50代半ばで生徒さんも大勢居た。
そのときお会いして以来お付き合いを頂いたが、亡くなられて早20年近くになる。
当時の門下生が今現在水彩画家として多く活躍をされている。
私も我流ながらあんな水彩画が描けるようになりたいと思い、本気で水彩画に取り組んだ。
やがて個展を開くようになると氏も足を運んでくれていた。
今私の描く透明水彩画はこの画家と全く違う描法ながら、あの時受けた衝撃がもしなければ、
水彩画の道に進んでなかったかもしれない。そんな意味での恩人の一人だと思っている。

6-4.jpg 

生涯アマチュアでありながら数百人の人達から慕われ趣味の絵を教えていた画家も居た。
金か名誉か実力なのか、とんとん拍子で画壇に駆け上がった画家も居た。
道半ばで若くして世を去った画家もいた。
それぞれの人生がそこにあり、私に何等かのメッセージを与えてくれた。
その都度自分ならどうするのか?ということを考えさせられる点では皆先輩だった。

何を励みに、何を戒めにするのかは人それぞれである。
魂に響き、心を揺り動かす人と出会ったとき、人は未来への種を撒いているのかもしれない。
育てようとしても咲かないまま枯れることもある。忘れた頃に突然の大輪となることもある。
何れにしても自分ひとりの力ではないことは確かだ。他人が種を植えてくれるのではない。
自分がそれを受け取って、枯らさずに育てられるのだ。
その原動力のひとつになるのが感謝の思いではないだろうか。

 


【2010/02/25 11:27】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
自分らしくが一番難しい

自分探し
■正確にキッチリ描くのも妙技なら、いい加減に描くのもまた妙技
隣の庭は綺麗に見えるの喩えもある。
ないものねだりが人の常なら、わが道を行くのも大事な資質。
理屈と能力は別物で、なにもかもが理想通りに出来たら苦労はいらない。
丁度どの辺りが我が領分と定めるのか…。


窓

人に褒めて貰うと気持ちはいいが、褒め殺しということもある(笑)
一体何を糧に励みとすればよいのかが難しい。
苦手を隠す必要もなく、得意を自慢にするでもなく
ありのままの自分を見つ出して、それに自信が持てたらそれでいい。
絵を描くということは出来ることと出来ない事を
自分の中で振り分ける作業かもしれない。
ただそれを間違えると大変なことになることは確かなようだ。

 


【2010/02/23 13:34】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
子供の頃の原風景

子供の頃道に蝋石でよく絵を描いて遊んだ

■白くて柔らかな石で近所の駄菓子屋にその石が売っていた。
道路も今のように車など殆ど通らず、道一杯に書いても危ないなどということは無く
それを大人たちも落書きと思わず子供の立派な遊のひとつと認めていた。

保育所に朝から預けられていた私は、夕方母が迎えに来るまで待っていた。
毎朝門の前で別れるときは『今日は一番に迎えにきてや』と母に頼んでいた。
だが何時もどの子よりも遅くて最後だった。門の外に出て夕暮れの道で一人蝋石で絵を
描きながら母が来るのを待つ子供時代を過ごしていた。
生まれて初めて12色の色鉛筆のセットを買ってもらったとき、なんと綺麗な鉛筆がある
ものだとおおはしゃぎしたことも覚えている。
長閑で貧しい時代と言えばそれまでだが、今の子供たちはそんな経験も楽しみも知らない。

6-7.jpg  

何もかもが豊かになる反面、環境はどんどんと狭められ閉鎖的になっている。
三つ子の魂百までと言うが、たわいもない遊びの中から、未来の自分の生きるべき道を
無意識に見つけ出していたのかもしれない。
同世代の絵描き達も恐らく同じような何等かの原風景を持っているのではないだろうか。
子供の頃の意識の奥に根付いた経験は、                                                       よくも悪くも時を経てやがて表れてくるような気が今となってするのである。



【2010/02/19 23:04】 過去の作品から | トラックバック(-) | コメント(4) |
撫子の花

我が子を撫(な)でるようにかわいい花という意味からこの名前が付いたらしい。

日本(大和)女性の美称にも最近よく使われたりもする。

ある印刷物の小さなカットに描いた一枚で、沢山の品種がある中のこれは『タッタ撫子』 なでしこ3  

丁度バンクーバーで冬季五輪も始まった。

それぞれののナデシコJapan達には頑張ってもらいたいが夏の五輪と違って、

冬季は何故か選手達が綺麗に見えるのは真っ白な雪のせいか?

寒さの中で凛として強く美しく咲いてもらいたい…。

   たとえ一輪の花にでも思いを込める、それが絵描きというものかもしれない。


【2010/02/14 22:36】 最近の絵 | トラックバック(-) | コメント(-) |
誰を支えに

世の中で誰を自分にとっての大切な人なか                                        ■或いはあの人がいてくれるからこそ苦境に立たされたときでも踏ん張ることが出来る。                               そんな精神的な支えになる人を持つだけでどれほど 心強いものか。                                      逆説的に言うとその人に分かってもらえさえすれば、他の誰が理解してくれなくても
痛くもかゆくも無く平気で我慢が出来るものだ。
自分と拘りのある人に順位をつけるのはよくないが、世の中の人と人との関係はそんなもので、                            
その順位を間違えると、場合によれば人生までも狂わせてしまう原因にもなったりするものだ。
恩師、先輩、上司…それは人によって違うだろうが、確固たる信頼の出来る人を一人持つことは
精神の支えとして必要なことではないかと思う。

PICT0044余市ニッカ工場の人形

全てが世知辛い世の中で、頼れるものは自分しかないと言う人は多い。                                    確かに人の力を頼るような弱い生き方は問題だが、人間はそれほど完璧なものでもない。                              時には道に迷い、物事に悩んだりもするも。                                                    自ら出した結論をその大切に思う人ならきっと分かってくれると確信できれば、                                     後は自信を持って行動に移せる。反対に厳しいことを言われることもあるかもしれないが、                      それとて心から信頼する人の厳しい言葉であれば素直に聞き入れられもするはずである。
勿論そんな模範にするような人が簡単に見つけることなどできるわけがない。                                    もしかして死ぬまで巡り合えないかもしれない。                                                     それだけそんな師が持てた人の人生はきっと幸せだと私は思う。


【2010/02/08 23:43】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
嘘は描けない

嘘は描けない


全て芸術と称されるものは、現実には存在しない自称や物事を個々の作家がそれぞれの
創造力によって造り出されるものである。写実であれ抽象であれ、平面・立体或いは音楽や
文学に至るまで、作家自身の世界観を自由に創出して出来上がったものが作品である。
そこに至るまでの過程(手段)は問題ではなく、理想の思いを表現した結果の作品こそが
最も大事であることは論を待たない。
だがいくら喩え『絵空事』と雖も安易から出た嘘はいけないと思う。手抜きや悪意もしくは
無意識であっても、自らの魂と行動に裏づけされていなければそれは真実とはならない。

季節外れの花の絵を描いてくれと幾ら頼まれても、現物が目の前に無ければ描けない。
ならば植物図鑑の写真を見てでもと言われて描いても、それは私の作品とはならない。
大切な人に贈る品と聞けば尚更嘘はつけないと稚者は思うのである。
もし手元にその花が無くても何処かに今現在咲いているとしたら、そこに出向いてでも描く、
それが作家の良心(精神)ではないだろうか。
で確かに口で言うのは容易い。しかし作品の為には心血を惜しまず納得のいく探求心が優先
されるべきで、それを怠ってしまうと自分の中には何も見出せず残るものもなにもない。
かたちはともかく真実を追求する姿勢が強ければ強い分必然的に嘘の絵は描けないはずで、
楽をすればものの真実もまた見えないのが道理である。

PICT4148ドライ2 

体感してもいないことを旺盛な想像力をかきたてて、さももっともらしく表現したところで、
決定的なリアリティーに欠けていてはお話にならない。
小さな子供が描いた母親の顔は、その子供自身と母親に対する思いまでも見事に表現する。
それにはどんな大芸術家も及ばない。何故なら子供が見つめるその目には嘘が無いく、
技術がたとえ無くても、大好きで知り尽くしている母親はあんなにリアルに描けるのである。
子供のそれを芸術作品と言えるかどうかは別として、絵を描く者はもっと真摯な気持ちを
持たなければ、とても第三者の観賞に耐えられる作品は描けるわけがない。


【2010/02/06 21:53】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(-) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |