命の赤い旗
ある方のお見舞いに病院に出掛けた

休日の病院は外来の患者さんも居ないのでひっそりとしていた。
受付で病室を聞きいて部屋まで行くとご本人はベットで横になって休んでおられた。
すでに大分高齢になっておられたが、その人には昔お世話にもなった。
お元気な頃もよく知っている。歳月が流れ様々な経緯を経た今、
見舞いに訪れる人は殆ど居ないと担当の看護師さんは言う。
人の人生とは一体なんなのか…
何れは誰もが命を終える為に辿り着く場所が病院なのかもしれないが、
これではあまりにやりきれない。
病院が楽しい所であるわけもなく、好んで行く者もいないと思うが、
暗くて寒々しく感じたのは私の気のせいだったのだろうか。。。
折角来たのに残念だったが、看護師さんに伝言を頼み枕元にお見舞いの品を置いて
そのまま帰ってきた。

世の中はこれから高齢化に向かうという。
それぞれの人生をそれなりに精一杯に生きてきた時代の牽引者たちが、
長生き出来て幸せを感じられない世の中。それは本人の自業自得と簡単に片付けてしまう
そんな社会はあまりに不条理で冷たい。
人は誰しも平等に老い、場合によれば病に倒れることもある。
その時を迎えて自分は一体なにを思うだろうか。
たとえ望み通りの人生が送れなかったとしても、それなりに安心感や安らぎを持って
静かに老後を向えられない社会がよいわけがない。
確実に進む老いはやがて我が身の上の現実となると思えばけして他人事ではないはずだ。

赤い旗

私はよく古い船の絵を描くことがある。
岸壁に係留されたり、陸地に上げられたりしている古い船は
現役を終えてそれでも尚『命の赤い旗』を揚げて凛としているその姿に一抹の思いを託す。
冬の港に吹く風は身を切るように寒い。
しかしそれにもまして世の中の風は容赦なく冷たいと、病院を後にしながら思った。


【2011/02/15 10:51】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
お見舞い
■ある方のお見舞いに出掛けた。
休日の病院は外来の患者さんも居ないのでひっそりとしていた。
受付で病室を聞きいて部屋まで行くとご本人はベットで横になって休んでおられた。
折角来たのに残念だったが、看護師さんに伝言を頼み枕元にお見舞いの品を置いて
そのまま帰ってきた。

すでに大分高齢になっておられたが、その人には昔お世話にもなった。お元気な頃も
よく知っている。歳月が流れて様々な経緯を経た今は、見舞いに訪れる人も居ないと
担当の看護師さんは言う。
人の人生なんて一体なんなのか…何れは誰もが命を終える為に辿り着く場所が病院
なのかもしれないが、これではあまりにやりきれない。
確かに病院が楽しい所であるわけもなく、好んで行く者もいないとは思うが、暗くて
寒々しく感じたのは気のせいだったのだろうか。。。

世の中はこれから高齢化に向かうという。それぞれの人生をそれなりに精一杯に生きて
きた時代の牽引者たちが、長生き出来て幸せを感じられない世の中。それは本人の自業
自得と簡単に片付けてしまう社会は不条理で冷たい。人は誰しも平等に老いて、場合に
よれば病に倒れることもある。その時を迎えて自分は一体なにを思うだろうか。
たとえ望み通りの人生が送れたと言えなかったとしても、それなりに安心感や安らぎを
持って静かに老後を向かえられる社会が必要だ。
確実に進む老いはやがて我が身の上の現実となると思えば、けして他人事ではない。


【2011/02/15 01:14】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
北の大地から帰りました
覚悟はしていたものの

やっぱり北海道も例年なく降雪量が多くて、道内の列車ダイヤも乱れぱなし。
幸い私は何の予定も立てず、その日の天候や気分で移動するので
それほど困ることはなかったが、帰りの飛行機は吹雪であわや決行寸前。
次の日に仕事があるので焦ったけれども、
二時間遅れでなんとか飛び立ち無事に大阪に帰れた。


空港

今年は全国的にも各地で豪雪のニュース
たまに出掛ける我々とは違い、地元の人達は毎日が雪との闘いだろうと思う。
旅先から帰った今も手足に寒さの余韻が残っている。
本当は人一倍寒がりやの私だが、あの体感した厳しい北の大地の冬の自然を
自分なりに精一杯描ければ本望である。
それが寒さに立ち向かう絵描きとしての闘いだと思っている。

【2011/02/10 13:38】 股旅日誌 | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |