北の奇跡
  北海道の奇跡

奇跡という程でもないのかもしれないが、北の大地の冬には他では観られない
不思議で綺麗な自然現象が幾つかあるという。
私も極寒の北海道には何度も出掛けているが、どれも殆どを観た事がない。
気象条件が地域によっても微妙に違っていて、地元に長く住んでいる人でさえ
滅多に遭遇しないらしい。
私は唯一『ダイヤモンドダスト』という現象を以前に旭川で一度観たことがあった。
朝の太陽を浴びてキラキラと輝きながら空からなにかが降ってくる。
『なんだコレは?』と手に取ると星型をした氷の結晶だった。
一瞬にしてそれは消えたが、それがダイヤモンドダストと呼ばれる現象だった。

単なる噂ではなくて、呼び名が存在する限りは現実にある現象。
冬の北海道に限らず全国の至る所にあると思う。それに遭遇したからどうこうではない。
よく『自然に勝る芸術家はない』と言うが、人為的にとうてい創れそうにない
不思議な現象を目の当たりにした古代の人々は、きっと畏敬の念で感動したにちがいない。
ある画家が『自然を前にして描いてやるなんておこがましい。描かせてもらうのだ!』と
語っていたのを思い出す。無欲で謙虚な姿勢がないと潜在一隅の景色には出会えない。
小躍りするほどの感動の景色に今後出会えるという保証はないが、
もし出会えたそのとき、気後れしない為にも日頃から心の純粋さを鍛えておきたい。

何だかんだと云ってみても、所詮絵は人がその心で描くものである。
作品とはそれを再現しようと描き手が試みたた結果だ。
たとえ他人には見えなくても『自分には見えた』という感動の叫びである。
単なる錯覚では無く、奇跡のようなものでも現実には存在するという
強いメッセージを作品の中に作者が込められるかだと私は思っている。



【2011/03/01 12:18】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |