暗い出来事の多い中で
娘婿は某通信会社に勤めている。
今度の3.11震災の最中に仕事の関係で急遽大阪に転勤が決まる。
転勤はサラリーマンの宿命とは言え、よりにもよって出産を控えたこの時期に・・・。
娘は震災の当日(3/11)単身で里帰り出産の為に実家の大阪に帰って来たが、
我が家に着くなりあの大惨事がニュースで流れた。
間一髪のところで立ち往生が免れほっとした束の間、今度は5月に転勤の知らせが入る。
出産予定日を4月21日に控えて、とうとう娘は婿殿の所へは帰れないまま入院。
引っ越し後の新居は、無事に出産を終えた後に落ち着いて決めることとなった。

誕生3

そんな中で迎えた4月21日
世の中災害の暗い出来事の多い中で、新しい命が無事誕生した。
3010gの立派な女の子だった。
出産は病気ではないとは言え、何が起こるか分からない大仕事で
母子共に無事な姿を見るまでは安心出来なかった。
新生児室の元気な孫を確認した後、病室に戻って来た娘に
『よく頑張ったな』と声を掛けると、健気に『うん』と頷いていた。
婿殿も傍で涙を拭っていた。
こんな厳しい社会情勢を背に産まれて来る孫にもどうか明るい未来があるように。
若い二人の親の前途にも多難が予想されるものの頑張ってもらいたい。
嫁に出した娘の親というものは、いささか微妙な立場で・・・
孫との拘わりも、一歩引いたところから見守る事が肝要かと思っている。
親馬鹿なのか孫馬鹿なのかよく分からないが、
病室で嬰児を抱く娘の姿は、まるで天使の母のようだった。
この小さな手がやがて大きくなり、大切なものをしっかりと掴んで欲しい。


【2011/04/22 23:54】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |