いよいよ管理人もスマホデビュー

携帯電話の定額コースを変更して、その分でスマホを契約しました。
これで充分外でもネットの端末として使えるし、通信費が節約できそうです。
特にgoogleのandroidナビもほぼ誤差なしで現在位置を教えてくれたり、
方向音痴の私を目的地へ案内してくれたりして結構助かります(笑)
強いて難点を言うなら、バッテリーの持続時間が短いことで、長時間開いていると、
大きさが大きさなのですぐにタイムオーバーになってしまいます。

スマホ

何れにしても、ネット端末がタブレットへ、携帯電話がスマートホンへと移り変わる時代、
別にその流れに乗るつもりもないのですが、この際便利さと安さは『価値』と判断しました。
しかし、この世界は一体どこまで進むのでしょうか?
便利さと引き換えに、眼と頭が悪くなるのも考えものです(笑)

いつかこの掲示板へのResも、出先からこのスマホで挑戦してみたいと思います。

【2012/08/29 23:41】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
道具に目覚める

■ある生徒さんが高価な筆を買った。
入会以来10年以上経つ人で、それまではあり合わせの筆で描いていたが、
突然何を思ったのか一本一万円以上もするコリンスキーの高価な筆を数本。
『○○さん。いよいよ今度は筆に目覚めましたか?』と私が聞くと、
『いや、こうなったら上達の最後の手段ですワ』と恥ずかしそうに笑っていた。
確かに水彩画を描く為には、筆の良し悪しが大きく左右する。
弘法筆を選ばずという言葉もあるが、初心者はそうはいかない。
悪い道具を使っていては良い絵は描けない。
しかし良い筆を使い切ることはまた別問題である。

cut2.jpg

筆に限らず紙も絵の具も私の教室では一切指定したことはない。
これでは駄目だと本人が気付いた時に、懐とも相談しながら考えればよいのである。
大事なことは如何なる道具も使い切れる自分になることが先決である。



【2012/08/17 00:07】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
身につまされる
 先日ある日某ネットオクションのサイトで偶然発見した事がありました。
それは昔は二人展なども一緒に開いたこともある人物の描いた作品が
沢山のオクション品の中で売りに出されていたのです。
私は一瞬複雑な心境になりました。
自分の作品が知らないところでネットオクションに掛けられる・・・
考えようによれば、それだけメジャーになったともいえますが、
画廊のショーウインドに飾ってあるのと違い、他のガラクタと一緒にされて
二束三文でも売れ残るかもしれない。。。
名誉の為に名前やそのとき付けられていた値段は控えますが、
身につまされる様な気がしました。

作品が一人歩きするのはある意味作家の宿命でもあり、
手元を離れた作品が人から人へと渡ることはよくあることです。
その作品がどんな経緯でオクションに出されたのか分かりませんが、
作者が知れば一体どんな思いをするだろうか。
もし私なら何としても落札しようとするかもしれません(笑)
いっそ本人に知らせてやろうかと思ってみたり、自分が友人として落札しようかとも。
しかし何れにしても余計なお節介なので止めました。
ネットが普及するのは良いことですが、知らなければ良かったことまで
知る羽目になるのは結構辛いものがありますね。


【2012/08/02 22:03】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |