小さな秋を見つけた
何時も通る商店街に果物屋さんがある。
先日その店先に枝つきの柿の実が置いてある(飾ってある)を見つけたので、
『絵に描きたいのでこれ分けてもらえませんか』と尋ねてみた。
店主は『どうぞいい絵を描いてください』とこころよく譲ってくれた。
教室のモチーフに使ったあと、私も色紙に描いてお礼にその果物屋さんに届けた。
店主は恐縮しながらも喜んで受け取ってくれた。
この時季忙しくて紅葉にも縁の無い私も、この柿を描きながら小さな秋を感じていた。

柿

社会に対して何の役目も果たさない非生産的な仕事である。
せめて何等かの形で絵を描く事が誰かに喜んでもらえれば本望で、
そんな部分を忘れたところには絵かきの生きる道もないと思っている。

【2012/11/26 12:45】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
個展が終わる
気がつけば街の中にはXmasのイルミネーションも飾られてすっかり冬支度で
街を歩く人の足取りもこころなしか早まる頃です。
日頃は世間の移り変わりなどには全く無頓着の私も、この時季は流石に忙しく過ごしました。
画像 007

29回個展も無事に終わり、ようやく長いロードレースから開放されました。
絵かきの個展は作品の発表が一番の目的ですが、それ以外に以前に出会った方々と
お互いに元気で健在な姿を見せ合うことも含まれていると私は思っています。
毎年この時期になればまたあの会場で変わらず個展を開いている。
そう思って頂くことも絵かきの大事な仕事ではないかと思っています。
毎年確実に同じことを継続することは大変でも、
『楽しみに待っていました』という声に対して、責任と期待に応えようとすることが
私自身の励みにもなっているような気がします。

ケシの花部分2
↑の作品は今回の礼状に印刷したものです。


【2012/11/25 00:40】 最近の絵 | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |