役者の言葉
歌舞伎役者の中村勘三郎さんが亡くなった。
まだ私よりも若いまだ56歳・・・
保守伝統を重んじる歌舞伎界にあって
斬新な手法を取り入れた革命児的な存在は惜しまれる。
その彼は生前によく『型破りとは型がちゃんとできていてのことだ』と語っていたらしい。
伝統の芸を完璧に身につけて、尚且つ時代を見据えた新しい歌舞伎を
探求していた彼らしい言葉である。
一見華やかな世界であればあるほど、或いは保守的な環境であればあるほど、
自身に賭ける修練は計り知れず、役者の名家に生まれた者でなければ
判らない葛藤もきっとあっただろうと思う。

役者に限らず何事も『基本』が有ってはじめて、他に無い強い個性も生まれる。
だが我々は基礎を培う地道な苦労(努力)をつい忘れて、
表面だけの奇抜さや目新しさに走りがちである。
だが、やるべき事をやってこそ、人は世間はなんとか耳を傾けて聞いてくれる。
そんな思いを役者の彼は常に持ち続けていたのかもしれない。
一流の所以はそんな部分からにじみ出るのではないかと思う

レベルや世界は全く違うが、絵を描く為には基本が大事だと私も思っている。
それは一見平凡で面白みに欠けるかもしれない。
しかし他を圧してものを言うのは、基本の上に立った絶対的な実力である。
役者馬鹿という言葉があるが、出来れば私も絵かき馬鹿で一生を終わりたい。

心からご冥福をお祈りしたい。

【2012/12/07 23:44】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |