我が水彩画への思い

手探りの独学から始まった私なりの透明水彩画も
遍歴は早40年になろうとしている。
『この程度の絵なら中学生でも描ける』と言われ、
奮起して団体展にも出品した。
権力や派閥主義の表裏の世界に幻滅した。
以来理想と現実の狭間で葛藤しながら独歩を貫いた。
身の程知らずに水彩画の指導にもあたってきた。
振り返ればアッという間の歳月だった。

我流ながらも他に無い透明水彩画を描きたいと
ただそのことだけを渇望し続けていた。
個性を主張してインパクトのある作品よりも
ひっそりと佇む空気感の伝えられるような
或いは感賞者をその場に引き込めるような
そんな作品を日本人である自分の感性で
描くことができれば本望である。
そんな画境にはまだまだ迪半だが、
なんとかこの世界踏み留まって追求したい。

頼りない足場ながらも、
30数年の継続の実績は揺るぎない。
家族は勿論のことながら、周囲の友人知人等に
支えられていることは、掛け替えのない財産となっている。
『ローマは一日にして成らず』という言葉もあるが、
自分勝手な思いを我が侭に通すのは容易い。
しかし、取り巻く環境がある程度整わななければ、
やがて限界が来る。
そのことを思うと改めて多くのことに感謝をしたい。

一日の終わり

アト何年、アト何枚・・・最近そんなことをよく考える。
なんとか絵描きとしての自分と、その作品を完成させたい。
もう季節はお盆も終わり、心なしか秋の気配を感じるが、
私の熱い思いの夏の陣はこれからが本番である。
毎年ことなので今更あれこれ考えても仕方が無い。
目に見えないブレッシャーで筆の進みが遅いが
30回展にふさわしい個展にしたい。



【2013/08/29 10:51】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
熱帯夜の怖い話
熱帯夜の続く毎日です。
なのでエアコン無しでは夜も寝られません。
つけっぱなしは身体によくないので、
一様はタイマーをセットするのですが、
切れると暑さで目が覚めることがあります。
それでまた手元のリモコンでスイッチONしてしまいます。

過日もやっぱり夜中に目が覚めて
半分寝ぼけた私は再度冷房を。
暫くすると益々寝苦しくて汗が噴き出してきました。
これはヤバイと飛び起きてリモコンの設定を見てみると
なんと冷房ではなく『暖房』になってるではないですか!!
簡単に冷暖房が切り替わるのは便利ですが
ボタンを押し間違えてエアコンで熱中症になったなど、
シャレにもなりません(^^ゞ

因みに横で寝ている低体温の相棒も
このときばかりは流石に汗だくで白目むいてました(爆)


【2013/08/23 00:02】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
ながら携帯
■過日を所用を済ませて道端で車を待っていると、
スマホを見ながらこちらに向かって歩いてくる中年女性がひとり
私の横には側溝がある。見ていると案の定段差にけつまずいて
頭から倒れた。思わず『大丈夫ですか』と声を掛けると
『いい歳してこんなことやってるからですね』と格好悪く苦笑するも
それでもスマホから目を離さなずに立ち上がって通り過ぎて行った。
なんでそこまでして?

スマホ

最近よく見かける光景ですが、あれはほとんど病気に近くて
全然スマートもではないと思うけど。
お前は大丈夫か?
ハイ、私はながら携帯できるほど器用ではないですから(笑)


【2013/08/17 10:43】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
作品の発表
作家が何等かの形で作品を発表することは大事である。
団体展にせよ個展にせよ、同好のグループ展にせよ
その目的や取り組み方に多少の違いがあったとしても、
心血を注いだ作品をひとりでも多くの人に
観て貰いたいという思いは皆同じである。
人生で一回きりの個展を開く人も居れば、
百数十回の個展を開いた人もいる。
自ら作品をトラックに積み込んで全国を渡り歩く
行商画家もあれば、
なにもしなくても画商が群がる売れっ子作家は
作品だけが一人歩きすることもある。

何れにしても『描いてなんぼの絵描き』といえども
観る人あって成り立つ商売。
手段は様々でも『発表の場』は是が非でも必要なのだ。
いろいろと試行錯誤を繰り返しながらも、
能力以上の無理をしてはアトが続かない。
生活の糧ではない趣味であっても、
何処かの偉い会員さんであっても、
発表を続けるのは生半可では出来ない。

私は毎年同じサイクルで30年間個展を続けてきた。
本舞台が個展しかない以上は、
全力で取り組むのは言うまでもないが、
それ以外に絵描きであることの証明ができない為である。
けして効率が良いとは言えないが、
長年の自分流のスタイルはなかなか崩せない。
これからも35.40回と続けたいものの、
それを保障するものは何もない。
ならば常に後が無いという覚悟で臨むのが作家たる者の
心構だとも生意気にも思っている。

連日猛暑の続く中を私は、いよいよ本格的な制作を開始する。



【2013/08/16 09:45】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
断鎖社会
今年の梅雨は雨が少なかったために
地中の餌が充分取れなかった蝉の鳴く寿命(期間)が短いらしいですね。
そういえば確かに数も少ないのか静かです。
雨が降れば傘屋が儲かるではないですが『連鎖』ってあるのですね。
(悪しき連鎖(悪循環)はもちろん断ち切った方がよいのですが)
好むと好まざるに拘わらず、身の回りの全ては何等かの連鎖から
成り立っているような気がします。

ところが、どうもこの連鎖から予測が立たない場合に、想定外の出来事が
突然起こるようです。因果関係がはっきりしないとかよく聞きますが、
複雑な社会環境になればなるほど、昔からの自然な連鎖が壊れる・・・
その根源が人類の仕業と言えば言いすぎでしょうか。
そのうち『断鎖社会』という新語が生まれるかも?(笑)
【2013/08/01 23:54】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |