子供電話相談

■夏休みになると某放送局で

『子供電話相談』が始まる。

世の中のドロに塗れた大人には、

思いつかないような疑問がよせられる。

その道の専門家の先生たちが、

言葉を選びながら丁寧に質問に答えようとするのが面白い。

『どうしてエアコンは冷えるのですか?』

『どうして人間は死んじゃうのですか?』

『どうしてアメンボウは水の上を沈まないで走れるのですか?』

『どうして向日葵は太陽の方向を向くのですか?』

『月には兎がいるのですか?』


トウモロコシ

普段当たり前と思っていたことを、

改めて子供に質問されると。。。

子供らしい夢や好奇心を上手く育てるのは

難しいものだと放送を聞きながら思った。






【2015/07/31 20:02】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
雪明かり

■渓谷沿いに大小四十八の滝が有る。

夏の今頃は水音が涼しく人々を誘うが、冬場の岩場は凍結の為に閉鎖される。

私は雪の積もるこのこの日をわざわざ選んで出掛けた。

上流の滝壷は数年に一度の氷瀑していると聞いていたが足場が悪くて断念した。

平凡で安泰な道を歩いていては絶対に出会う事がない光景がある。

ありきたりの光景が新鮮に見えて足が止まる事もある。

何時なんどきでも心が騒く精神だけは持ち続けて居たいと思う。

雪明かり 

この日のように朝起きて雪が積もっていると聞けば後先考えずに飛んで行く・・・

そんな事が平気で出来る馬鹿な絵描きであり続けたい。

この絵を描いて既に20数年の歳月が流れたが

今もその気持ちは変わらない。


【雪明かり/三重県名張市赤目/530㎜×360㎜/アルツシュ紙/newton colours】



【2015/07/26 10:05】 過去の作品から | トラックバック(-) | コメント(0) |
時の滴

■儚い花が好きだという訳ではない

華やかな花も観ていて愉しく美しい。

しかし何故か絵に描くとこうなる。

大声で話す声よりも、静かな声を聞き取りたい・・・

そんな気持ちがそうさせるのかもしれない。...

儚いが故に咲く花の瞬時を描きたい

だから私は静を描く。


IMG_1481.jpg

【時の滴/260㎜×380㎜】



【2015/07/23 11:00】 最近の絵 | トラックバック(-) | コメント(0) |
河原

■よく「ここは何処ですか?」と訪ねられることがある。
私は偶然出遭った景色に何か惹かれるものを感じたらそれを描くだけで、
そこが何処なのかは別にどうでもよくて
観光案内の記録を残すつもりもないのである。

河原

二度と遭遇することがないかもしれないそんな場面を描きたい
絵なんてそれでいいと思っている。



【2015/07/14 13:15】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
プロの仕草



■ある飲み屋のカウンターでマスターの動きを見ていた。

二、三人のアルバイトも居たが

殆どはマスター一人で客のオーダーをさばいている。

その仕事の動きには全く無駄がなく流れるようだった。

店内の客にも気を配り、アルバイトには言葉少なく指示も出しながら

常連とも適当に相槌を打ちながらのあざやかな仕草は流石たった。
絵の様な花

無駄な動きが無いということは、手際がよいということである。

中には私の様な嫌な客が黙って観察しているかもしれない。

人間は観られていることを意識すると緊張するものだが、それさえ感じさせないのが

プロなのかもしれない。商売で慣れいるとはいえ、

流暢な仕草に見とれながら私は我が身と暫し重ね合わせていた。

全く同じとは言えないが、

絵描きは作品も含めて、観られてなんぼの商売である。

自分の芸術は所詮素人には理解出来ないなどと

言っているような時代では
既に無い。




【2015/07/03 22:33】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |