今年もあと僅か
 
■今年も色んな事がありました。

天候異変や今だ低迷を続ける経済。

それを反映しているのか、偽物やヤラセも多く

社会全体の明と暗とがはっきりとする反面

真実と嘘も判りにくくなったような気がする一年でした。


私自身の環境には、それほど大きな変化もなく

何とか無事に過ごせたことが何よりかと思っていますが、

『相変わらずとは』進歩が無いということでもあり

停滞は後退にも通じることでもあります。

今更この歳になって焦ってみても仕方がないにしても

来年は少しは『変わりました』と言える年にしたいと思っています。

世の中がどうであろうと、

私は絵を描き続ける以外に生きる術がなく

私が私であることの唯一の証ですから。

街の灯り

この一年間拙いブログにお付き合いして頂いた皆さんに

心から感謝いたします。

そして皆さんにとりまして、

来る年がよい年でありますようにお祈り申し上げます。

管理人コンドル



【2015/12/31 17:07】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
絵描きの背景

 
■今時代は全てスリム化、コンパクト化の方向に流れている。

ひと昔前は、何でも大きくて沢山持つ事が、

一種のステータスの様にも思われていた。

その為に身を粉にしてお金を沢山稼ぐ事が成功の証だった。

しかし今では必要以上は働かず、

それよりもっと自分の時間を大事に使いたいとか、

派手なことよりもつつましく暮らした方が

気持ちが安らぐといった考え方が広まっている。

高度成長時代のバブルが弾け、

金や物の見せ掛けの豊かさよりも、

精神的に豊かな方がより人間らしい生き方が出来ると人々は気付いた。

地球の資源や高齢化社会といった現象からも、

人間の価値観は嫌でも変えざるを得ない。

競争社会には際限が無い。

常に脅迫観念に追いまくられると心身共に疲れる。

そこで人間の自己防衛本能が作動して起動修正が始まる。

頼れるものは自分だけで周囲は全て敵。

そのために少しでも自分を大きく見せようとするのは

動物の本能かもしれないが、それでは切りが無いイタチゴッコ。

大きな権威や見せ掛けの安心感で、

優越感を得ようとする時代では既にない。

出来上がってしまった神話が一度壊れた後に、

次の新たな時代が生まれるのは、

過去の歴史の趨勢からみても解るような気がする。

ハングリー精神とは、

時代に背を向けることではなく先取りする精神である。










【2015/12/16 18:11】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
我が想いを伝える
 


■ある著名な写真家が

『自分の仕事のイメージを持っていなければ、

目の前のチャンスを逃してしまう。

これだ!と判断できる自分がなければ、判断しょうがない。

そしてそのチャンスを掴むには、

自分の仕事に対して一生懸命に全力投球をしていれば、

人が見逃すようなチャンスでも一瞬にして反応できる』

『自分だけが感動するばかりでは道楽に過ぎない。

自分以外の人にも同じ感動を写真を通して与えることが出来るのかと

思うことが大事だ』と語っていた。


白い実(綿) - コピー

絵を描くことも同じだと思った。

描くべき対象と出会えるかどうかは計算外の偶然が多い。

物事を捉える目とは、日頃の想いが反映した結果であることも頷ける。

プロとは他者にも(感動)を伝えられる者のことで、

自己満足であってはプロとは言えない。

理屈で解っていてもなかなかこれが難しい。

人の感性や捉え方は千差万別で一様ではないにしても、

普遍の何かがあることも確かである。

その部分に問いかける以外には、

共感を呼ぶような作品は描ない。

ある一線を越えられるか、手前で留まってしまうかは紙一重

しかし結果は天地雲泥となって現れてしまうのがこの世界なのだ。




【2015/12/06 12:28】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |