日没の瞬間
 

■旅先で
真っ赤で大きな夕陽が沈むのを

暫くながら眺めていた。

非日常に身を置いていると

普段何気なく見ている夕陽でさえ

様々なことを想起させてくれる。




雪の大地に帳りがおとずれて黄昏に染まると

気温は更に氷点下に急降下する。

明るいうちに急がねば今夜の宿に辿り着けない

そんなことを心配しつつ

絵描き根性が足を引っ張る。

こうした蓄積が、やがて何等かの作品となって

具体化するのだろうと思っている。


私が絵を描いていて良かったと思うことは

様々な光景に出会って何等かの感動が出来ること。

それを描いてもう一度再現したい思えること。

そしてその描いた作品を誰かが観て

同じ感動を共有して貰えることである。






【2017/02/27 23:59】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(1) |
潜在的な思い
 


■見知らぬ土地に行くと

『こんな処へさ何しに来たのよおー?』と

地元の人によく声をかけられる。

最寄りの駅で飛び降りたものの

辺り一面雪一色に覆われて何にもなく

ただ山裾まで続く一本道があるだけだった。

その日も同じことを聞かれた。

『大阪から絵を描きに来た』と告げると

出会った老人は暫し怪訝な顔しながら

そのまま足早に私を追い越して行った。

後ろ姿が小さな黒い点となったその先には踏切が見えていた。

そうだ、あの踏切を描こうと決めた。

それが三年前この踏切を描いたきっかけだった。

IMG_1886 (3)


何処から来て何処へ行くのか

知らない人なら当然聞くだろう。

しかし答えは自分でもよく判らない。

そのとき出会った老人と自分の姿と一瞬重なっていた。

もう帰ろうか…いやもう少し先きまで

奇しくも京都での個展を控え

その後には長年住み慣れた上本町の本拠地を

離れると決まった頃だった。

偶然なのか、それともこじつけか

そんなことはどうでもよかった。

潜在的にでも心に思う何か無ければ

どんなものに出会っても描く動機にならない。

あてもなく歩いているようでも

この光景を探していたのだと思えれぱ後は作品に描くしかない。

これからも私は新たな踏切と出会う為に歩き続け

過ぎた過去を投影させながらその度に

『渡るのだ!』と決断をするだろう。


(画:2015年作/この道を渡る/北海道長万部)



【2017/02/21 23:59】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |