好みの違い


■一口に麺類といっても

蕎麦、うどんから始まりラーメン、素麺、スパゲッティーetcと色々ある。

そして食する側がそれぞれに拘りだすと好みが別れる。

当然ながら作るその道の匠となれば

万事に半端なく負けじと研究するだろう。

そこには伝統も有れば、斬新な発想で新たなものが生まれたりする。

絵画(芸術)の表現も結局は同じで

理屈を幾ら並べても平たく云えば

送り手も受け手も好みと時代が違うだけで

上位や序列などあまり意味がない。

カップラーメンが一番好きだという人が居ても良い。

奥深いその道の味を極めようするのも自由なら

何を食べたいかを決めるのも客の自由である。

時代をさかのぼれば『そんな表現は邪道だ!』と批判されたことが

後の世の主流となることも珍しくない。

花と華 (2)

おかしな譬えになってしまったが

私もかれこれ40年前(たまたま)透明水彩画を我流で描き始めたが

いまだに難しくて苦労はするものの面白い。

もし違う仕事に手を付けていたとしたら

やっぱり同じことを言っているだろうと思う。

何を食べようかと迷っている人に

自分の造る手打ちうどんは世界一だと自慢するのは自由である。

しかし既に他店のうどんを食べている人に向かって

本物のうどんとはそんなものではないと言うのはいささか僭越。

目から鱗で『そうなんだ!』ともし何かひとつでも納得があって

別の麺類を食してみるのもそれはそれで客の自由な判断ある。

我々描き手(作家)は己が持ち前の作品を

精一杯に描き提供するのが本分でそれ以上でも以下でもない。

それでよいのではないだろうか。





【2018/10/06 10:37】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |