目からウロコ?

目からウロコ

書店でよく『プロの裏技』と称したノウハウ本をよく見掛ける。
その道の専門家から短期間で何等かのテクニックが学べるという類のものだ。
料理の玉ねぎの切り方や、植木の上手な育て方ならそれも分かるけれども、
絵を描く描き方にまでとなると…。
初心者にも分かり易く説くことは否定はしないが、
それを実戦した者は皆同じような絵を描くことになるのだろうか?
もちろん個々の個性が加わり全く同じにはならないにしても、
どこか画一化されたものが出来上がるような気がしてしまう。
絵を描くとはそんなものではないはずで
一足す一が二に成らないのが表現の世界の個性。
表面上の技術を幾ら小手先でマスター出来ても、
それがどれ程の達成感に繋がるのかと疑問に思う。
憧れの技法をなんとか身に付けたいと思う気持ちも分からなくもないが
本来プロたる者が長年培った独自の裏技を
そう容易く公開するとは思えないし裏技と称してはいても
案外にその世界では一般的(常識)だったりすこともある。
知らなかった故に一時は目からウロコが取れたとしても
また別のウロコが目に張り付くものだ(^^;
絵を描くとはそんな繰り返しを自力で解決することである。
それこそが誰も真似の出来ない自分だけの
『直球技』となるのではないだろうか。


関連記事

【2010/08/08 01:53】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |