鳴らない風鈴

朝の早い時間、あれだけ鳴いていた蝉も
陽が昇って昼間になるとピタリと鳴き止む。
そして日暮れにはまた鳴き出す。
蝉にとってもこの酷暑は堪えるのだろうか。

記録破りの猛暑、昔は27度もあれば充分夏の暑さだったが、
今では30度でも涼しいと感じる。
夏は暑いものと相場は決まってはいるものの、
部屋の中で熱中症になるのは異常としかいいようがない。
景気が冷え込み、気候が温暖化する…
冷房完備が原因なのか、人は家の中に引き篭もる分
要らぬエネルギーを使って自滅の温暖化現象に拍車をかけるのか?

風鈴

そういえば…昔は開け放した家の中を自然な風が通り抜け
何処からか風鈴の音が聞こえて、それだけで充分涼を感じたものだ。
蝉の鳴き声が騒音に変わり、夕立がゲリラ豪雨に変貌する。
夏の暑さを敵に回す時代ひとつを取ってみても
自然が序々に我々人間の手から離れて行くような気がする。
それはそのまま人間の本質までを狂わせる傾向にあるのかもしれない。

『母さん、ボクのあの夏は何処へ行ってしまったのー』
関連記事

【2010/08/05 12:30】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |