サイン
 


■一般的に作品と名の付くものには

必ず画面の何処かに自作の証にサインを入れる。

私自身も最後にサインを入れる時はいまだに多少なりとも緊張する。

自分の名前を書くだけなのに…。

別にサインに決まりがある訳でもないが、

書体は勿論のこと、その位置や色、大きさ等が、

目立ちすぎず、控えめ過ぎず効果的にバランスよく

絵と一体になればホット出来る。

サインも絵の内と言うが、

書道や日本画の世界ほどではないにしても、

ただ書きさえすればよいというものではけしてない。

絶妙なサインを入れている作家の作品を観ると、

計算された完成度が感じられて流石だと思う。

言わばサインひとつで、その人の実力が表れるから怖い。



関連記事

【2015/10/31 01:05】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |