自分は何者?
 

■絵を描いていると嫌でも描き手が画面に現れる。

郷愁・華やか・素朴・憧れ・躍動・憂い・怒り・希望・・・

それらは常に我々の意識の底に有って、

そのフィルター越しにものを見ることになる。

いわばそれが個性である。

眼前の何かを借りて

自分の感情(想)を表現しようとするのでその人らしさが出る。

他人が観ての好き嫌いは別として

自分は何を好むのかをまづ客観的に知ることが大事である。

多様な技術もその表現を助ける要素に過ぎず、

他人の表面上の技術を幾ら真似ても、

描き手の中身までは真似ることが出来ない。



関連記事

【2016/07/01 08:56】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |