面白いという意味
 

■この○○は『面白い』という言葉をよく聞くことがある。

これこは一体どういうことなのかと時々思う。

笑いたくなることか?

それとも可笑し気ということなのかな?

もちろん褒め言葉の一つには違いないが

ユニークな表現で他には無いというところまでは何とか解っても、

今一つ曖昧なまま適当に聞いたり使ったりしている。

あの人は面白い人だと言う場合も同様で、

好感が持てなければ言わないだろうし、

もしその反対なら面白く無い人ということになる。

吉本の芸人ならそれも解るが面白いと言われて、

喜ぶのも変な話しだが、こう言われて怒る人はまづ居ないだろう。


オコゼ2


考えてみればこれはとても便利な言葉で

具体的に『素晴らしい』とは言わず

どうにでも取れる言い回しは曖昧で日本語らしいともいえる。

面白いがしかし・・・後に何等かの意味が含まれると

文句なしに100%素晴らしいという意味ではなくなる。

期待は出来るがまだ改善の余地があるという含みや

中身が乏しいという意味が暗に込められている場合もある。

つまり、目を引く様な独創性があったししても

その先きが無ければならない。

もし面白いと言われても

ただ手放しで喜んでいるわけにはいかないのである。

目立つ個性を表に出そうとするピン芸人のように

一発ギャグで終わるならともかく

我々が描いた作品は後々までも残ってしまうと思えば

うかつに面白いだけではすまされないはずである。






関連記事

【2017/06/17 09:50】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |