バランス


■自分でも時々ある事だが・・・

絵を描いて物とものとの大きさが合わないこと。

描いているときは気が付かないが

描き終えて画面全体を見てみるとバランスが変で、

例えば手前の建物とその横に留めてある車の大きさとか。

動物が好きで、街中の道路を横切る猫を描き入れたところ、

牛と間違うほどの猫に見えてしまったり(*_*;

家の窓と横に止めてある車のタイヤとが同じ大きさな訳がない。

しかし、そんな簡単なことが夢中になると見えなくなる。

何もかも縮尺図面の様に、理詰めで描くことが良いとは言えず

つまらない屁理屈は要らないかもしれないが

客観的な目を常に持たなければ意外な落とし穴に落ちる。

例えば、添景(人物)がピッタリと決められる人は

他の部分も的確に見えている証拠ではないかと思う。

keju転受軽受

描きたいメインのテーマがあって

それを補う為に描き加えた何かが

いい加減であると肝心な主たるテーマが半減してしまうだろう。

気付いたときには既に遅しで、悔しい思いだけが残るものである。

『絵は見えると描ける』

反対に見えなければ幾ら頑張っても描けない。

それは技術とかの問題ではなく

もの事を冷静に観察するという別の要素でも

作画の上では最も大事な部分である。

車の運転も常に冷静さを保たなければ事故に繋がるという。

アクセルとブレーキのバランスが崩れても同じこと。

ただし、絵を描く事に我を忘れて没頭した結果

不満足な仕上がりになったとしても命までは失うことはない(^^)

我を忘れて熱中するのは良いとしても

客観的な冷静さまでも失い、全体的なバランスが壊れては

元も子もないという話である。




関連記事

【2017/05/03 22:00】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |