プロとアマ
 

■絵を描く人は今も昔も多い。

それはそれでよいことだとは思うが、

プロの画家と趣味の愛好家とどこで線引きするかは難しい。

近頃は個展を開くことも昔ほど大変ではなくなり

作品に何がしかの値段を付けて販売るのも自由である。

また、自前の教室を開いて月謝を取るのも、

講師に招かれたりするのもまた然りで、

特別な資格や許可を必要とはしない。

『今日から絵描きだ!』と宣言するのも簡単である。

しかし、プロ(専門家)となれば、一事が万事厳しい世界で、

気まぐれも妥協も、或いは日常の生活に於いても

その自覚が求められ、片手間程度の軽い意識では到底務まらない。

そこには好きなことを同じ様にやっていても天地雲泥の違いがある。


反対にあれほどの実力と意識を持ちながら

何故アマチュアなのかと不思議に思う人も居る。

目立たずひっそりと純粋に描き続けられる人も凄いのである。

所詮は他人がとやかく言うべきことではないく

それがご本人のスタンスなのだ。

27-DSC04872.jpg


絵は鉛筆さえ持てると3歳児でも描ける。

しかし、それが作品となれば容易ではない。

誰かに習うことは可能でも、教えるととなると簡単ではない。

たとえ趣味の延長でプロになったとしても、

最終的に問われるのはその人の自覚である。

曖昧なこの世界で自分の立場はどうであれ、

『プロとアマとの違いはこれだ』という何かを

自分なりに持つべきではないかと思う。

もしそれすらなければ『あなたは一体何者ですか?』となる。

嫌でも抜き差しならないものが付いて回っても

一貫して揺ぎ無いもの持たねばならないのは

他のどんな分野も同じではないだろうか。

専門家であろうと、二足の草鞋を履こうと趣味に撤しようと

表現者とすればそれぞれに一切の垣根などは無い。

あるのは『純粋に撤するという精神』だけである。



関連記事

【2017/09/04 23:59】 コンドル流水彩画考 | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |