個展の神様
 

■演劇人は舞台の板の上には演劇の神様が居ると言う。

同様に我々が開く個展の板の上にも

芸術の神様がいると私は思っている。

壁に並べた作品たちが

鑑賞者によって会期中にひとり歩きを始める。

思わぬ発見も有れば落胆もある。

過去と未来を示してくれたりもしてくれる。

幕を開ければ何が起きるか判らないのが個展である。

ある年の個展では同じギャラリーの広さが狭く見えたり

特に展示作品が大きかった訳でもないのにそれとは逆の年もあった。

満員御礼のときや閑古鳥が鳴いたりで様々だが

それらは描いた作品とは直接何の関係もない。

同じ条件で同じように取り組んだ結果

目には見えない何がその度に働いているように思えるのだ。

経験などとは言えるほどではないが

作品さえ有れば他は適当に何とか成り立つという考えは

通用しないことも分った。

想定外の諸々の出来事を今後に反映させられるかが

描くこと以上に大事であることも実感で学んだ。

むしろそれこそが今ある私の財産にもなっている。

だからこそ個展の神様をなめてはいけないと思う。

IMG_2522 (2)

作品は筆を置いて終わりではない。

台詞を覚え、衣装を着けて役に成り切り

舞台に上がった瞬間から新たなドラマが始まる。

明日16日からその神様を迎えようとしている。




関連記事

【2017/11/15 23:00】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |