紫木蓮



■インドの釈迦の弟子の中に木蓮という弟子が居た。
この弟子は賢くて知恵第一の木蓮尊者とも呼ばれて
釈迦十大弟子の中にも数えられる程だった。
ところが、あまりに賢過ぎる為、つい修行を怠ることが多く
最後は師の釈迦から成仏を認めて貰えなかった。
卓上の学問に幾ら長けていても
実践(行動)が伴わなければ真実の悟りを得ることにはらないという
仏教の教えのひとつようだ。
物事は確かに知らないよりは知ってた方がい。
知識も同様だが大事なことは
知恵を実体験に変える租借がなければ役には立たない。
耳学問の受け売りの知識には深さがない。
『流石に凄い』などと周りから言われたりすると
尚更その傾向が強くなり
結局は何も判らないままで終わってしまう。

木蓮ハガキ3 (2)

また同じく釈迦の弟子に周利槃特(しゆりはんどく)という者も居た。
兄の勧めで仏門に入ったものの
自分の名前すら読み書き出来ない程の愚かだった。
それでも師の教えに素直に従い修行に励んだ結果
悟りを開き釈迦に菩薩という位を与えられたという。

インドの古い仏典にはお伽噺のような教えが多いが
あながち昔話の中だけではないような気がする。
頭デッカチでいざという時に役に立たない知識よりも
真面目ににコツコツと積み重ねた実践に勝るものはなく
自惚れず、怠らず努力してこそ本物の力になるというのは
昔も今も変わらないひとつの方程式なのかもしれない。

連日このし木蓮の花を描きながら
昔の逸話をふと思い出していた。



関連記事

【2018/03/26 11:35】 最近の絵 | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |