自分と作品は・・・



■私はかれこれネット初めて30年近くなる。
その間世界中の沢山の作品を観てきて思うことは
こんな素晴らしい作品を描く作家は
一体どんな人物なのだろうかと興味が沸く。
モニター越しながらもその魅力が伝われば伝わるほど
描き手はそれ以上に魅力ある人ではないかと思ってしまう。
たかが一枚の絵である。
しかし、他者に分身(作品)を観てもらうということは
そういうことではないだろうか。
木蓮はがき
語弊を承知で敢えて言えば、
作者に興味が湧かないことは、残念ながらその作品にも
それほどの惹きつけられるものを感じないということになる。
これはあくまでも個人的な主観で拙い経験ながらも
私なりに過去から得たひとつの結論である。
思い上がって言うのではなく
自分もそんな周知の目にさらされている身ならな
気を緩めるなと戒めている。

見栄や格好だけで作品が描けるわけがないし
作品と作者は常に不可分であるなら
描いてしまえばそれで善しではなく
出来るなら描いた絵に恥ずかしくない自分でありたい。




関連記事

【2018/05/05 20:25】 日々の呟き(日記) | トラックバック(-) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

コンドルのプロフィール

コンドル

Author:コンドル
透明水彩画のブログです。
絵を描くことは感動を見つけ出すこと。その時々に出会った想いを備志録的に綴ります。




■変なHNですがネットを飛び回るには便利な南米の鳥です(笑) 観掛けはこんな姿でも、いたって小心者です。 気まぐれな更新になりますが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |